GDCパーソナライズ動画

GDCパーソナライズ動画

動画でOne To Oneマーケティングを実現するソリューション

GDCパーソナライズ動画

GDCパーソナライズ動画とは?

「GDCパーソナライズ動画」は、顧客データに基づき、一人ひとりに個別最適化された動画(パーソナライズ動画)を作成、PC、スマホ、タブレットなどに配信できる「One to Oneマーケティング」のソリューションです。

GDCパーソナライズ動画の特長

・ローコストかつ高速に制作が可能です
・テスト的にスモールスタートしやすい

サービス概要① パーソナライズ動画をローコスト・高速に制作可能

近年大きな注目を浴びている動画のマーケティング活用。文字主体のコンテンツよりも情報量が豊富で魅力的な訴求ができるため、顧客の関心を集めやすく、訴求した内容の理解を得られやすいことが理由に挙げられます。結果として、試供品の請求や購入といったコンバージョン率をアップすることが可能だからです。

ただし、動画コンテンツの制作は、他のコンテンツと比較して時間もコストもかかるため、予算を多めに見ておく必要がありました。これが、パーソナライズ動画の制作を妨げる最大の要因と言えます。

「GDCパーソナライズ動画」では、データベースに格納されている顧客の様々なデータに基づき、動画を構成する以下の4要素を自動的に組み合わせることで、パーソナライズ動画を高速、低コストで自動生成することを可能にしています。

「GDCパーソナライズ動画」の最大のメリットは、作成コストの圧倒的安さにあります。

パーソナライズ動画の適用例①ギフトショップ

パーソナライズ動画の適用範囲は多岐に及びます。マーケティング、PR、CRM、顧客サービスなどありとあらゆる場面で活用することが可能です。

例えば、ギフトショップでは、自分の配偶者や友人等の誕生日に何かプレゼントしたいと考えているお客様に対してパーソナライズ動画を用意することができるでしょう。

あらかじめ、プレゼントする相手のお名前や性別、年齢、予算などを聞いておき、そのデータに応じていくつかの商品をおすすめすることでオンラインショップ等での購買を促進することが狙いです。

パーソナライズ動画内で示される様々な情報は、顧客データベース内の個人データを活用し、あらかじめどんな性別・年代の人にはどのような商品をおススメするかというレコメンデーションロジックに基づいて自動的に合成されています。

パーソナライズ動画を作成するためには、「ベース動画」をまず作成する必要があります。そして、必要なデータやレコメンデーションロジックを組み込むことで、個々人にパーソナライズされた動画が自動生成されるという仕組みになっています。

パーソナライズ動画の適用例②顧客サービス

顧客サービスの向上にパーソナライズ動画を活用することもできます。

医療機関において、健康診断や人間ドッグの結果に基づき、健康診断の受診者に対しパーソナライズされた「健康診断結果オリジナル解説動画」の提供といったサービスが考えられます。

一般に、健康診断や人間ドッグの結果は、様々な数値と、「異常あり、なし、再検査要」といった判定結果がわかる用紙を渡されるだけです。オリジナル解説動画をつかえば、受診された利用者一人ひとりの数値をグラフにしてビジュアルに示すとともに、あたかも保健指導の面談を受けているかのように詳細な解説や数値改善のための提案などを一人ひとり個別におこなうことが可能となります。

GDCパーソナライズ動画の機能

動画生成機能には、顧客データに基づく情報を動画内に埋め込む機能だけでなく、以下のような機能が実装されており、高度な動画編集・映像演出が行えます。

・画像演出
画像の「移動」「透過度調整」「サイズ変更」「回転」「連番アニメーション」が可能
・テキスト演出
テキストの「サイズ変更」「フォント指定」「色指定/変更」「動画内移動」が可能
・音声演出
音声、効果音(SE)などの音声を合成することが可能

 

お問い合わせ
Genesis パーソナル動画にご興味、ご相談などがございましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

PAGE TOP