コンサルタントのコラム

HubSpotの「インバウンド認定(講座)」(Inbound Certification)受講のススメ

マーケティングオートメーション(MA:Marketing Automation、以下「MA」)を導入・運用するコストは、端的に言えば企業規模によって異なってきますが、どんな企業であれ相応の「マーケティング投資」となりますが、たとえ、「ITツール」としてのMAに掛かる費用自体は比較的安価に済ませることができるとしても、MAの豊富な機能を最大限に引き出して‘使い倒す’ためには、かっちりとしたマーケティング戦略の立案、きめ細かなコミュニケーションシナリオの設計、魅力的なコンテンツの制作、PDCAサイクルをしっかりと回すための突っ込んだデータ分析など、MAを運用する担当者に大きな「投資」が求められます。

言うまでもないことですが、ツールさえ入れればなんとかなるということはなく、ツールを使う人の「力量」「意欲」「投下する時間」によってツールが活きるかどうか、が決まってくるというわけです。これらのうち、MA運用担当者の「力量」としてまず最も重要なのが「マーケティング知識」です。

ここで、「マーケティング知識」とは、いわゆる教科書的な「マーケティング概論」をベースとして、「ダイレクトマーケティング」「データベースマーケティング」「CRM(Customer Relationship Management)」などの知識が含まれます。

「ダイレクトマーケティング」「データベースマーケティング」「CRM(Customer Relationship Management)」といった方法論は、メディアを活用したマスマーケティングとは異なり、顧客・見込客一人ひとりの情報(プロフィールや行動履歴など)に基づいたコミュニケーションを通じて、どのような関係づくりを行っていくかを主題とするマーケティング論です。

MAを運用する担当者であるなら、これらの知識を踏まえたうえで「デジタルマーケティング」の知識を身につけるべきでしょう。MAの活用エリアは主にオンラインコミュニケーションではあるものの、「オムニチャネル」の時代、オンライン・オフラインを統合した全体的なマーケティングアプローチが求められます。したがって、デジタルに限定されない大きな枠組みでマーケティングを構想できなければなりません。

というわけで、MAに取り組まれる方はぜひ幅広いマーケティング知識を身につけていただきたいのですが、MA業務に直結するマーケティング方法論として、ひとまずおすすめしたいのはHubSpotの「インバウンド認定(講座)」(Inbound Certification)です。inbound certification

HubSpotの場合、まず「インバウンドマーケティング」という確立されたマーケティング方法論があり、それを実践するためのITツールとして「HubSpot」が開発されたという経緯があります。

HubSpotが実装している機能は、結果として「MA」と呼ばれるカテゴリーのツールが備えているものと大きな違いがあるわけではありません。とはいえ、体系化された明確な方法論をベースにMAを活用するのは高い効果が見込めます。「インバウンドマーケティング」の考え方は、正直なところHubSpotだけでなく、他のMAツールでも応用可能です。

「インバウンド認定(講座)」(Inbound Certification)は、HubSpotのユーザーでなくても受講可能ですし、受講料は無料です。現在は英語版だけなのですが、HubSpot東京オフィスが今夏設立されることもあり、今年(2016年)7月には日本語版も提供される予定とのことです。

現在の英語版も動画で学べますし、「スライド」や講師の説明を丸ごと書き起こした「講義録」がダウンロードできますので、よい英語の勉強ともなり一石二鳥かもしれません。ぜひご受講なさってみてください!

↓ Free Inbound Marketing Course & Certification

http://certification.hubspot.com/inbound-certification

 

*本日(2月23日)、AdvertimesにてHubSpotの東京オフィス開設の記事が掲載されましたので共有させていただきます。

⇒ 今夏、東京にオフィスを開設。米・HubSpotの戦略。(アドタイ)


更新情報やセミナー等の情報をメールにて配信します。
配信希望の方は以下フォームよりご登録お願いします。

個人情報保護方針に同意いただけましたら、ご登録ください。
※メール配信開始後、メールの配信停止を希望される方は、メール下部より配信停止設定を行うことができます。

関連記事

  1. コンサルタントのコラム

    MAの導入検討時に理解しておきたいこと:基幹システムとの連携

    MA(マーケティングオートメーション)は、顧客・見込客の属性やWebサ…

  2. 仕事の強化書

    「マーケティングの企画会議で意識したい」アイデアが出やすくなる、たったひとつの秘訣

    4月です。フレッシュマンのみなさま、ご入社おめでとうございます。フ…

  3. コンサルタントのコラム

    横浜ベイスターズに学ぶターゲット戦略。データを活かし、ターゲット設定をより精緻に。

    横浜DeNAベイスターズの躍進が続いています。本業の勝ち負けでは首位広…

  4. コンサルタントのコラム

    「商品に不満はない!」いま求められる「素敵な時間を過ごしてもらうマーケティング」

    もはや、顧客の不満は「製品自体」にはない!以前であれば、製品メーカ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ジェネシス「マーケの強化書」Twitter

「マーケの強化書」更新情報お届け

マーケの強化書の更新情報をお届けします。
幅広い視点で情報をお届けします。
メールアドレスをご登録ください。
※ご入力前に「個人情報保護方針」をご確認ください。

採用情報

  1. コンサルタントのコラム

    新しい消費のあり方は、サブスクリプション型で『所有よりも「体験」を重視』する!
  2. コンサルタントのコラム

    ペルソナ「あるある」にハマらないための3つのポイント
  3. トレンド情報

    【ジェネシスの視点】スマートフォンとAIによる新しいレコメンドの形とは?
  4. コンサルタントのコラム

    【第2回】コンバージョンUPに効く! 「説得の心理学」を活用したコミュニケーショ…
  5. セミナー紹介

    セミナー&イベント

    【2017年2月】マーケティングセミナー&イベント紹介
PAGE TOP