これまでのキャリアをマーケティングの仕事に活かすことはできないか。できるなら、どう活かしていけるのか。

あなたが今まで歩んだキャリアは、これから目指すマーケティングのキャリアに活かせるかもしれません。
ただし、キャリアをないがしろにしてきた人にとっては、この先のマーケティングキャリアは険しい道になるかもしれません。
マーケティングの仕事には、様々な知識や経験を活かす場面が多くあります。
なので、これまでのキャリアをどう活かし、マーケティングのキャリアにつなげるかは、とても大事なことになります。

当社では、過去のキャリア活かしてマーケティングのキャリアを目指すスタッフが活躍しています。
一部から、いかにして自分のキャリアを大事にし、マーケティングのキャリアを磨いているのかをご紹介します。
スタッフの声から、あなた自身のこれまでのキャリアをマーケティングキャリアにどう活かしていけそうなのかイメージできれば良いと思います。

アシスタントディレクター

成長している実感を強く感じる

前職ではECサイトの運用業務を自分なりの考えなりに良いものにしていこうとあの手この手の試行錯誤でPDCAを繰り返していました。入社して1年あまりですが、様々なプロジェクトに携わっていけるようになり、今までの仕事のプロセスを業務の中で活かせてることは実感していますね。クライアントのサイト運用でも良い評価を得られているのも自信と励みになっています。
プロジェクトはワクワクする楽しさ半分、あとはプレッシャー半分ぐらいのバランスですね。未だまだですが、実務で身につけるものがとても多く濃密な1年だったのは間違いないです。
業務を研修と言うのは良くないかもしれませんが、でも、実務を通じて新しいことに触れ、成長している事を実感することはとても多いと感じます。

視野を意図的に広げておく意識

会社では様々な情報を普段から広く得ることができます。
社内にはチャットツールやSNSでの情報共有が発達しているので、最新の情報や参考になる事例が日々みんなで共有されています。
一見、直接仕事に関係ないような情報のやりとりのなかにも、仕事へのヒントや発見があったりするので、常に刺激を受けていますね。
すべて詰め込もうとすると、インプットが追いつかないんですが、少しでも多くを取り込みたくて、視野を意図的に広げておく意識は常に心がけてますね。

ディレクター

自分の成長を止めたくない

転職前はWEBディレクターとしてクライアントのサイト制作の仕事に携わってきました。制作ディレクションやサイト運用の仕事を通じて、もっと課題の本質的な部分や、それを解決するための施策を考えることが重要なんじゃないかと考えていました。もちろん、マーケティングの重要性は理解してましたが、その方法を知らなかったんです。
そこで、マーケティングの勉強を独学ではじめたんですが、同時に心配もありました。前職では、マーケティングがそこまで重要視されている会社ではなかったんです。
このままでは自分の成長がとまる。もっとマーケティングをメインにしている会社で働きたい。そう決めてからの転職は早かったですね。マーケティング専門の今のジェネシスに惹かれて入社を決めました。

成長するには本当によい環境です

マーケティング用語は多少知ってるつもりでしたが、社内の打ち合わせやミーティングでも知らない言葉は多く飛び交うし、ビジネス的なスキルも足りてなかったと痛感しました。
それでも、こういった現状に対してのストレスはなかったですね。逆に、この環境にいれば、自分もぜったい成長できるはずだと思ったんです。レベルが高いのなら、頑張れば私のレベルも上げられると。
ロジカルシンキングなど、ビジネスパーソンとして必要なスキル身につけるための勉強会や研修プログラムがあるので、働くベースとなる知識の底上げができるのもとても助かっています。
それが、日々の業務のいたるところに活かす場面があるので、実践していく度に、成長してるなと実感することが多くなりました。
自分のようなキャリアでマーケターを目指す人は少なくないと思いますが、マーケティングのプロとして成長したいと思う人には、ジェネシスはとても良い環境だと思ってます。

求人採用のエントリーはこちら

求人採用/エントリー
Copyright 2018 genesis recruit page