注目の情報

【ジェネシスの視点】ユーザーの興味から購買に至るファネルを可視化する「FAIV」

最近公開されたニュースリリースや記事から「注目情報」を取り上げ、独自の視点で解説していきます。

今回注目したのはこちら。


購買ファネルを可視化するフレームワーク「FAIV」を開発


D.A.コンソーシアムホールディングス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:矢嶋弘毅、東証二部 証券コード:6534、以下 DACHD)とデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長COO:島田雅也、以下 DAC)は、Web行動ログをもとに購買ファネル構造(以下、ファネル構造)を可視化し、また階層ごとのWeb閲覧傾向や広告効果を特定するフレームワーク「FAIV」(Framework for Audience Intent Visualization)を独自に開発しました。本技術に関連し、特許を取得しましたのでお知らせいたします。

出典元はこちら(D.A.コンソーシアムホールディングス株式会社 2017年4月19日発表)
※記事公開から日数が経過したリンクは、正常に遷移しない場合があります。ご了承ください。


『ジェネシス』の視点


『購買ファネルを可視化するフレームワーク「FAIV」を開発』について、「ジェネシス」の視点で解説します。


DACHDとDACは、Web行動ログをもとに購買ファネルを可視化したフレームワーク「FAIV」(Framework for Audience Intent Visualization)を開発しました。

FAIVの名称に含まれている“Intent”(以下、インテント)とは、直訳すると「意図」となりますが、消費行動における「インテント」は、対象商品に関してどのような心理的状態にあるかを指します。この心理状態とは、例えば「A商品に関心がある(関心がない)」「A商品のことを知りたいと思う(知りたいと思わない)」「A商品を購入したいと思う(購入したいと思わない)」といった、文字通り当該商品に対しての意図、すなわち目的や欲求のことです。

一方購買ファネルは英語の読みのまま「パーチェス・ファネル」と呼ぶことが多いのですが、消費者の購買に至る心理の変化プロセスを何段階で説明するものです。パーチェス・ファネルは、一般的には「認知」→「興味関心」→「購入検討」→「購入意思決定」の4段階に分けられます。

そしてユーザーがなんらかのインテント(例えば「関心がある」)を持っているとき、ファネルにおいては、ある特定の段階(先の例では「興味・関心段階」にある)にそのユーザーはいることを推測することができます。

すなわちユーザーのインテントがわかれば、その人のファネルでの位置がわかる為どれだけ購買に近いかを把握できますし、それぞれのファネルの段階ごとに適切なコンテンツやオファーを提示できます。

分析によって購買に至るファネルの移動を「モデル」化することが可能になることで適切な広告出稿の手助けになる

ただインテントは目に見えない心理変化であり、アンケート調査で聞く場合はさておきマーケティング施策運営の中でリアルタイムに把握することは極めて困難です。

そこでDAC社は同社が保有するパブリックDMP「Audience One」に蓄積されたユーザーが訪問した様々なサイトや閲覧ページの閲覧ネット広告データの分析に基づいたユーザーの心理、すなわちインテントを推測することにより個々のユーザーがファネルのどの段階にいるかを特定するフレームワークを開発しました

こうしたFAIVによる分析によって、ユーザーはどのようなサイトを訪問するか、そのページの閲覧行動やネット広告の閲覧やクリック行動を通じて、どのように購買に至るファネルを移動していくのかを「モデル」化することが可能となります。したがって企業は適切な広告出稿計画策定や、コンバージョン率を高めるコンテンツやクリエティブの開発に役立てることができるというわけです。


更新情報やセミナー等の情報をメールにて配信します。
配信希望の方は以下フォームよりご登録お願いします。

個人情報保護方針に同意いただけましたら、ご登録ください。
※メール配信開始後、メールの配信停止を希望される方は、メール下部より配信停止設定を行うことができます。


関連記事

  1. 注目の情報

    DACのDMP「AudienceOneR」とランドスケイプ社の日本最大級の企業データベースが連携

    昨今、注目を集めている「ABM(アカウント・ベースド・マーケティン…

  2. 注目の情報

    AI搭載の統合マーケティングオートメーションツール「RESULT MASTER」に「かご落ち機能」を…

    通販に特化したAI搭載の統合マーケティングオートメーションツールで…

  3. 注目の情報

    MA連携でコミュニケーションシナリオ改善を支援するサービス「nosy」

    消費者のライフスタイルが多様化する中、求められるOne-to-On…

  4. 注目の情報

    【ジェネシスの視点】仮想通貨ビットコイン決済の本格ショッピングモール「ビットコインモール」がオープン…

    最近公開されたニュースリリースや記事から「注目情報」を取り上げ、独自の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ジェネシス「マーケの強化書」Twitter

「マーケの強化書」更新情報お届け

マーケの強化書の更新情報をお届けします。
幅広い視点で情報をお届けします。
メールアドレスをご登録ください。
※ご入力前に「個人情報保護方針」をご確認ください。

採用情報

  1. お知らせ

    【日経産業新聞掲載のお知らせ】
  2. 注目の情報

    【ジェネシスの視点】次世代のカスタマーサービスの提供へ「LINE カスタマーコネ…
  3. マーケティングテクノロジーツールご紹介

    【PRISM】パーソナライズ動画ソリューション
  4. 仕事の強化書

    GAを使ってマーケティング課題を解決するまでの「ロードマップ」
  5. セミナー&イベント

    【2017年11月】マーケティングセミナー&イベント紹介
PAGE TOP