コンサルタントのコラム

【重要】Googleアナリティクスのデータ保持期間の設定はお済ですか?26ヶ月以前のデータが消去されます。マーケティング担当者必須です!

Googleアナリティクスをご利用中の皆様へ重要なお知らせ

Googleアナリティクスを利用していると、数年前のアクセス状況と比較したいと思うことがあると思います。しかし、Googleアナリティクスで新たにデータの保持期間の設定をしないと、数年前のデータと比較することができなくなるかもしれません。

Googleアナリティクスは、欧州の「一般データ保護規則」(GDPR)というデータ保護法に準拠するために、データ保持期間をユーザー自身で決めることができるようにしました。また、このデータ保持期間はデフォルトで「26ヶ月間」に設定されています。

つまり、何も設定をせずにGoogleアナリティクスを使い続けた場合、約2年前のデータは消去されることになります。GDPRは、2018年5月25日に施行される法律のため、それまでに設定を完了しておくことが好ましいと思われます。

まだ設定されていないという方は、下記に設定方法を明記しますので、早めに設定してください。

Googleアナリティクスのデータ保持期間を設定する3ステップ

 

1)Googleアナリティクスの管理画面左下の「管理」をクリック

2)プロパティにある「トラッキング情報」→「データ保持」をクリック

「トラッキング情報」をクリックすると「データ保持」という項目が表示されますので、クリックしてください。

3)「ユーザーデータとイベントデータの保持」の保持期間を設定してください

【「保存」する前にご確認ください】
※EU圏から自社サイトへ来訪されている場合、どう設定すべきか法務など自社内で確認ください。
※特にグローバルに展開される企業の場合はご注意ください。(グローバルサイト・多言語サイトなど)

最後に「保存」をクリック。
※なお、「新しいアクティビティをリセット」は「オン」のままで大丈夫です。

行動デザイン#1

マーケの強化書編集長 twitter

「マーケの強化書」更新情報お届け

マーケの強化書の更新情報をお届けします。
幅広い視点で情報をお届けします。
メールアドレスをご登録ください。
※ご入力前に「個人情報保護方針」をご確認ください。

採用情報

アーカイブ

PAGE TOP