仕事の強化書

SNS投稿用の動画を爆速で作成する方法~PPTのビデオ作成機能を活用する~

TwitterやFacebookを見ていて目に留まるのは、いつも動画です。少なくとも私はそうです。仕事が長時間におよび、集中力が切れると無意識にスマホを手にし、目的もなくいじり始め、気づけばTwitterのフィードをスクロールしている。そんなとき、きまって目に留まるのは動画です。

動画は、楽です。集中力が切れた私に何も要求せずただボーっと眺めていても、その動画がなにを言いたいのかが伝わってきます。そして、動画は、そのボーっとした私でも商品サービスを購入しようかと検討させることさえあります。

動画は優秀なのです。

テキストだと、少なからず「読むぞ」という意志が必要です。さらに、読み始めたらその文章を理解しようと頭を回転させなければなりません。テキストの文章は私に多くのことを要求します。疲れます。集中力の切れた私にはもはや拷問でしかありません。テキストさえ見たくないのに、テキストは私をさらに苦行へと導こうとします。

そんな私の気持ちを察してかどうか分かりませんが、最近SNS上に動画がとても増えたと感じます。もし、私がSNSの担当者なら、動画を投稿したいと思うはずです。SNSを「よし!見るぞ!」っと強い意志をもって見る人がいないのであれば、動画の方が反応が良いに決まっているからです。

そんな私は別にSNS担当というわけではないのですが、最近SNSへ投稿する機会を得ています。マーケの強化書編集長としてTwitterアカウントを持ち情報発信をするようになっていたのです。しかし、ほとんどの人がそうであるように私のツイートは面白いものではありませんでした。ツイートの半分以上はマーケの強化書の記事更新のお知らせで、記事タイトルとURLを張り付けただけ。気の利いた一言もないため、インプレッションもエンゲージメントも当然取れず、フォローしてくれる人はFXで絶対勝てると豪語する人たちばかりでした。そして彼らは少し時間が経過するとフォローを外していくのでした。こんなことを続けていても何の意味もないのではないか?多くの企業関連のアカウントを運用する人と同じように悩んでいたのです。なんとかしてツイートが拡散させ多くの人がマーケの強化書の記事を読んでもらいたい。フォロワーをたくさん獲得したい。でも、どうすれば良いのか分からない。。。

だから、フィードに流れる「動画」をボーっと見ている時に「これはいけるかもしれない!」と思ったわけです。何の興味もない状態から関心を持ってWebサイトを訪問させ、購入するかどうかを検討するまでに気持ちを動かすことができる動画に大きな魅力を感じたのです。

しかし、私はすぐに壁にぶち当たりました。いったいどうやって動画を作ればよいのだろうか?動画クリエイターでもない私に何が出来るのか?今の時代簡単に動画を編集することができるにしても、そもそもその動画を撮影するなんてとんでもなくハードルの高い作業です。撮れるか撮れないかと言えば、撮れますが「人の注意を惹きつける動画を撮れるか?」と言えば絶対にNoに決まっています。ごく普通の家庭に生まれた私には「人の注意を惹きつける動画」を撮影するための技術もセンスもお金も持ち合わせてはいなかったのです。

多くの人がこのようにして動画制作をあきらめているのでしょう。「できっこない。そんなの無理。」私もまったく同じことを思いました。潤沢な予算がある企業であればすぐに実行することが出来るのでしょうが、普通の会社のオウンドメディアで記事を投稿するたびに動画を制作する予算があるはずもありません。何か上手くできる方法はないものか?と考えていました。

そして、ある日パワーポイントでスライドを切り替えるエフェクトを作業しているときに、これをこのまま動画に出来ないのかな?とふと思い立ちました。パワーポイントは数秒経過すると自動的にスライドを切り替えることが出来ますので、そのまま動画ファイルとして出力することが出来れば、普段の資料作りの延長で動画を作成することが出来るのではないか?ある程度のものであれば作れるのではないか?と思ったのです。

そして、少し調べてみるとパワーポイントで動画データで出力することが分かりました。動画作成方法は非常に簡単で、スライド切り替えのエフェクトを設定したら、「ファイル」>「エクスポート」>「ビデオの作成」をするだけです。下記に手順を書いた図表を掲載しますでの、ぜひご覧ください。



実際にパワーポイントで作成した動画がこちらです。

で、実際に効果があったのか?というところですが、まだ実質1つしか動画を作成していないので何とも言えません。また、動画コンテンツ内のキャッチコピーや画像などにも影響を受けるので一概に動画を作成すれば良いというわけではないと思います。ただ、動画を作るだけでもインプレッションやリーチには良い傾向が見受けられました。テスト的にTwitterとFacebookに動画とテキストの投稿をほぼ同時に投稿したところ、ともに動画の方がインプレッションとリーチが2倍以上高かったのです。考えてみれば当然なのですが、殆どの投稿はテキストと画像なわけで、その中に動画がポッと表示されればそれは目につきますよね。動画を作れればインプレッションやリーチは増加させることが出来る。あとは、動画の内容やキャッチコピーによるといったところなのではないでしょうか。

今後も当社ではSNSも含めて色々な検証をしてここで公開していきたいと思っています。

関連記事

  1. コンサルタントのコラム

    『働き方改革』を実現するための「3つのマーケティングテクノロジー活用事例」をご紹介

    日本は、「人口の減少」という課題に直面しています。特に大きいのは「労働…

  2. コンサルタントのコラム

    MAの導入検討時に理解しておきたいこと:基幹システムとの連携

    MA(マーケティングオートメーション)は、顧客・見込客の属性やWebサ…

  3. コンサルタントのコラム

    「顧客区分の作り方」 – Jリーグクラブの担当者になったつもりで

    こんにちは。ジェネシスコミュニケーションの田代です。今日は顧客…

  4. コンサルタントのコラム

    ライオンの地域に適応するマーケティング ~マーケティングカンファレンス2017~

    2017年10月22日(日)に日本マーケティング学会が主催する「マーケ…

  5. コンサルタントのコラム

    押さえておきたい。Eコマースの進化と生活者の行動変化

    最近、通販サイトLOCONDOの「急ぎません。便」が話題になりましたが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ジェネシス「マーケの強化書」Twitter

「マーケの強化書」更新情報お届け

マーケの強化書の更新情報をお届けします。
幅広い視点で情報をお届けします。
メールアドレスをご登録ください。
※ご入力前に「個人情報保護方針」をご確認ください。

採用情報

  1. コンサルタントのコラム

    「新規顧客が増えたら、既存顧客が減った?」継続的に顧客を増やすためにマーケティン…
  2. 注目のトレンド

    【セミナーレポート】「コンバージョンが格段にアップ!Webでのカスタマーエクスペ…
  3. マーケティングテクノロジーツールご紹介

    【HeartCore CXM】“Web Automation基盤”の最有力ツール…
  4. コンサルタントのコラム

    新しい消費のあり方は、サブスクリプション型で『所有よりも「体験」を重視』する!
  5. お知らせ

    成果が出る!データ活用プロジェクトの始め方
PAGE TOP