ジュニアコンサルタント

「色」が買いたい気持ちを高める!マーケティング成果を高める「色の使い方」

みなさんは好きな「色」ってありますか? 私は濃いピンクが好きでボールペンとかノートなど持ち物は濃い目のピンク率が高いです。最近はグレーベージュが自分の中でブームです。
プレゼンのときのネクタイは赤とか、応援しているチームカラーが好きなど、色に関するこだわりやマイル―ルをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
その色とマーケティングについて少しお伝えしていきたいと思います。

目次

「色」が人に与える消費行動への影響

そんな身近にあふれすぎている「色」。人は無意識に色の影響を多く受けています。その影響は、日々の消費行動にも及びます。とくに、車やファッション、人の目に多く触れるモノの消費行動には、より強く色の影響を受けるそうです。その色を身に着けた自分・使っている自分がまわりに与える影響やどう見られたいかを無意識に考えるのではないでしょうか。
このことを利用して色の与えるイメージ(赤だったら活動的と思われたい、目立ちたいという感じ)を商品やサービスのカラーに利用することでターゲットのニーズを満たしてあげることができるかもしれません。
たくさんあるので、各色が与えるイメージはこちらをご参考になさってください。
https://iro-color.com/episode/about-color/

色は与えるイメージに影響があるだけでなく、消費行動に対する心理的影響も及ぼします。簡単にまとめてみました!

赤が与える心理効果の「衝動買い顧客をつかみやすい」といえば、みなさん楽天のサイトを思い浮かべるのではないでしょうか? なんとなく見ているだけで本当は買う予定ではなかったものも、欲しい気持ちになってきます。緑だったら、長く検討し納得しないと購入いただけない商品、衝動買いはされないような商品に合うという感じです。不動産情報サイトSUUMOはメインカラーが緑、ですよね。

モノやサービスを買うとき、100%色の影響というわけではもちろんありませんが、このような傾向があるので上手くデザインでこういった色を活かせると効果が期待できそうです。

年代によって好みの色が変わる! トレンドカラーでもあるミレニアルピンクとZ世代イエロー

では、実際に色を商品やサイトのデザインに取り入れてみよう! と考えたときに、色が与えるイメージや効果と一緒に把握しておきたいのが、年代によって好みの色が変化する点です。

「ミレニアルピンク」というワードをご存知でしょうか? これは、ミレニアル世代(30代半ば~20代前半)の中でもとくに20代前半の女性が好むいくつかのピンクのことを指します。2016年くらいから「ミレニアルピンク」というワードがSNSでハッシュタグとして現れ、2018年にかけて微妙に色味が変化してきています。
そして最近は、「Z世代イエロー」が注目されています。その名の通り、「Z世代(10代後半~20代前半)」の海外セレブが好んでファッションに取り入れていたことから、この名前がついたそうです。一般的なイエローではなく、濃い目のイエローを指し、エネルギッシュで活気のあるイメージだそう。今は海外で多く取り上げられていますが、ミレニアルピンクと同じようにそのうち日本にも浸透してくるのでないかと思っています。

このように世代名がついたカラーはここ数年のことですが、年代によって色の好みは変化していきます。日本での傾向ですが、たとえば、多くの女性が好むピンク。

同じピンクでも年代を重ねるにつれて、落ち着いてきます。女性が好きな色=一般的な色鉛筆のあのピンクではないのです。男性よりも多くの色を見分けられる女性だからこそ、こういった変化があるのかもしれないですね。
この変化ももちろん傾向ですし、そもそもピンクが苦手という方もいますので、あくまでも参考として、ターゲットの年代が決まっている商品やサービスであれば、その色に近い色を使うことであまり違和感はなく受け入れてもらいやすい色になるのではないでしょうか?
おまけに! このサイトでは、地域×性別×年代×年月から色の好みを検索することができます。アンケート結果をもとにしているそうなので、参考に調べてみるのもありですね。

▼色の嗜好を調査!色彩データベース
https://iro-color.com/questionnaire/data.php

ターゲットのさまざまな好みに対して、カラー展開を行い豊富な世界観を用意しているル・クルーゼ

最後に、色を活用したマーケティングで成功している企業をご紹介します。

ル・クルーゼ:https://www.lecreuset.co.jp/
※上記より引用した画像を組み合わせる加工を行っております。

ル・クルーゼは、さまざまなターゲットのニーズに合うように、カラー展開を行っています。各色に対して、世界観がかなりしっかりしています。シーズンごとに新しいカラーを展開しているそうで、テーマや背景、使用シーンなどのコンセプトを提案しているとのこと。
※参考/出典
https://womanslabo.com/20160825-1
https://www.isssc.com/special/interview/brand/982

まとめ

今回ご紹介したものは、一部ですが、ビジネスの場において、色はさまざまなシーンで活用されています。もし顧客情報で年代をお持ちなら、商品紹介メールのクリエイティブで年代×カラーでパターンを試してみても面白い結果が出るかもしれません。
すでに決まっているガイドラインやコーポレートカラー等考慮するべきものがあるかもしれませんが、アクセントカラーやキャンペーン特設サイトなど、ターゲットの好みの色や与えたい印象を意識してみてはいかがでしょうか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


行動デザイン#1

ジェネシス「マーケの強化書」Twitter

マーケの強化書編集長 twitter

杉田ユウイチ@マーケの強化書 twitter

「マーケの強化書」更新情報お届け

マーケの強化書の更新情報をお届けします。
幅広い視点で情報をお届けします。
メールアドレスをご登録ください。
※ご入力前に「個人情報保護方針」をご確認ください。

採用情報

アーカイブ

  1. コンサルタントのコラム

    【セミナーレポート】個別相談が充実!事例からわかったKairos3の導入に向いて…
  2. コンサルタントのコラム

    『売ればいいや』が購入を後押し!モノを買うときの意識と購買行動
  3. 仕事の強化書

    ~2020年の夏をどう乗り切るか~東京オリンピック混雑予想カレンダー
  4. 山本知拓

    ~新規客の相談を増やすには~「量」の追求 or「質」の改善?
  5. BtoBマーケティング

    【セミナーレポート】事例やTips満載!失敗しないMAの始め方
PAGE TOP