杉田ユウイチ

【ジェネシス・マーケター会議】『コミュニケーション・シナリオ』をテーマに議論してみました。

最初の「ジェネシス・マーケター会議」では、『コミュニケーション・シナリオ』をテーマに取り上げました。というのも、MAを活用しきれない原因の一つとして「効果の出るシナリオ設計が出来ない」というご相談を多くの企業から受けているからです。

そこで今回、MA導入実績が豊富なコンサルタントが「なぜ効果の出るシナリオ設計が出来ないのか?」「効果の出るシナリオを作成するためのプロジェクトの進め方」について議論してみました。

  • 杉田
    杉田ユウイチ株式会社ジェネシスコミュニケーション 代表取締役
  • 松尾
    松尾順株式会社ジェネシスコミュニケーション 執行役員
  • 赤沼
    赤沼悠介株式会社ジェネシスコミュニケーション プロデューサー
目次

MA導入後に陥りやすい状況

MA導入後に陥りやすい状況

松尾松尾
今回は、マーケティングオートメーション(以下、MA)に組み込む「コミュニケーションシナリオ」について話してみたいのだけど、シナリオ作成においてクライアントが抱えやすい課題・問題って何だろう?
赤沼赤沼
私はMAの導入支援に多く関わってきましたが、そもそもマーケティングやシナリオがどういうものかを理解していないのが根本的な問題ではないかと感じます。
「雑誌広告を出す」とか、「単発のメールを配信する」といったシンプルなマーケティング施策は、誰でもイメージしやすいと思います。でも、MAに組み込むシナリオがどんなものか、実際にMAを運用したことがない人にとってはイメージすることがとても難しいようです。
効果につながるシナリオはやはりある程度複雑なものになるし、そのためにはお客様の行動・心理を的確に読んだ一連のコミュニケーション展開のプランニングが必須です。このあたりも経験がない人には、どのようにマーケティング施策を組み立てるか、当然だとは思いますが、やはりイメージできないみたいです。
ですので、MAをひとまず導入した企業の担当者が最初に組んだ「シナリオ」は、多くの場合シンプルなもので、MAツールでなくても実行可能ですし、また十分なマーケティング効果が出ないのです。
杉田杉田
MAの担当者がマーケターじゃない企業も多いよね。
機能の説明を聞いていると、いろいろなことができそうに感じるし、実際できると思うのだけど、営業企画やマーケティング部門じゃない担当者では、深いシナリオに落とし込むことができず、結果的に一部の機能しか使えていないのが現状だよね?
赤沼赤沼
そうです。先ほど言ったように、本来のシナリオがどんなものかをイメージできないので、高度なシナリオ設計することが難しいのだと思います。MA活用ができていない企業の実態はそんなところにありそうですね。
松尾松尾
例えが適確かは分からないのだけれども、おいしい調理法を知らない人が高価なフライパンを買っても、結局目玉焼きくらいしか焼けないみたいな感じかな。。。

MAの導入と活用は分けて考える

MAの導入と活用は分けて考える

杉田杉田
フライパンを買う時、つまりMA導入時には、自分でも使いこなせる、いろいろやれる気がするんだよね。
MAツールって『簡単ですよ』『現場担当者が自分で運用できますよ』って売り方がされていることも多いし。
松尾松尾
操作が簡単だからといって、使いこなせるって話ではないですよね。
どんなに使いやすいフライパンだって、おいしい料理を作るためには、レシピ(シナリオ)も必要だし、料理人の腕(スキルや経験)によるところが大きいわけで。
杉田杉田
そう、だから、MAを本当に活用したい企業は、ツールとしてのMAの「導入業務(設定業務)」と、そのツールをどう活用して成果を出すか、というMAの「活用業務(シナリオの設計・実装)」とはそれぞれ別プロジェクトとして切り分けてほしい。
ツール導入だけではなく、ツール活用のための業務にこそ十分な時間と予算がかけられると成功に近づくよね。
赤沼赤沼
私もすごく同意です。なぜ、導入と活用を切り分けたほうがいいかというと、MA導入時を支援するベンダーやSIerは、「かごおちメール」など鉄板シナリオのテンプレート数本くらいは組んでくれますが、それ以上のシナリオ設計、またそもそもの前段となる全体的なマーケティング施策の検討までは関わってくれないことの方が多いからです。これは経験則でそうでした。
そこから先は、「ユーザー様の方でどうぞご自由に企画していただいて結構です。ぞんぶんにご活用ください」というスタンスなんです。
松尾松尾
そうだとすると、導入時点では効果を実感できるシナリオが圧倒的に足りないことになる。また、そもそもシナリオがどんなものかというイメージが持てない担当者だと「ご自由にどうぞ」と言われても、なかなかシナリオを増やせないよね?
赤沼赤沼
そうなんです。
まずは基本的なところからスタートするのは良いのですが、他にどんなシナリオがあれば良いのかがなかなか考えられないんだと思うのです。導入を支援してくれる会社も「現状のシナリオから少しずつ改善していけば良い」と言っているようですが、正直限界があります。
杉田杉田
先ほどのフライパンに例えるなら、我流の目玉焼きで満足してしまっている。
ほかにも様々な美味しい料理が作れるのに、そうした良いレシピ、すなわちシナリオを知る機会がないからなのかもしれないね。
実際、様々な顧客区分に応じて作りこまれたシナリオが設計・実装されている企業は極めて少ないと思うし。

MAを活用し、シナリオを考えるには

MAを活用し、シナリオを考えるには

松尾松尾
結局、もっと効果の出る良いやり方があるのを知らないと、MAの豊富な機能も使いこなせないと言うことでしょうか。
資料請求者に対し、資料ダウンロード先をメールで送信したのに、なかなかダウンロードしない場合に、未開封の人にはそのメールは数日後に再送できる機能や、特定のページにアクセスした人に対して即時の案内メールを送るといったシナリオ、こうしたシナリオもまだまだ初歩的なものではありますが、そんなことさえやらないままになってしまう・・・・
赤沼赤沼
そうしたシナリオが作れるかどうかは、顧客行動・心理を洞察した上で、顧客をどんな気持ちにしたいのか、どんな行動をして欲しいのか、そのためにどのようなタイミングでどんな語りかけ(メッセージ)を行うのか、というコミュニケーションの設計力にかかっていますよね。
要するに、MAの機能や操作方法に熟知しているかどうかではなく、マーケティングに対する知識やスキル、経験の問題も大きいですよね。MAの機能やテクニカルな面だけに捉われるのではなく、MAを活用してマーケティング戦略、施策をどう進化させるかを考えなければならないと思うのです。
杉田杉田
MAを活用した優れたマーケティング戦略や秀逸なシナリオを知る機会がほとんどないのは、企業秘密になってるからだろうね。ツールとしてのMAの導入や初歩的な活用ノウハウはある程度公開されているけれども、その先の応用編の情報や事例を知ることは、一般的な事業会社では難しいのが現実かもしれないね。
赤沼赤沼
というわけで、MA導入に当たっては、弊社のようなMAを活用したマーケティング戦略・施策、シナリオ設計について豊富な実績、知識、スキルを備えているマーケティングエージェンシーにぜひお声がけいただきたいところです。
最後ポジショントークになっちゃいましたけど(笑)

関連記事

  1. 杉田ユウイチ

    【ジェネシス・マーケター会議】Twitterのキーワードで振り返る!2017年のマーケティング動向と…

    もう2017年の年末です。今年一年は皆さんにとってどんな一年でしたでし…

  2. 杉田ユウイチ

    成果が出る!データ活用プロジェクトの始め方

    <クライアント企業の皆様、セミナー参加の皆様、パートナー企業の皆様、一…

  3. 杉田ユウイチ

    ゴル女を増やすマーケティング的思考

    こんにちは、ジェネシスコミュニケーション代表の杉田ユウイチです。先…

  4. 田代靖和

    【ジェネシス・マーケター会議】メール開封率・クリック率を向上させる会議

    企業が顧客へアプローチするとき、メール配信はとても効果的な手段の1つで…

  5. 杉田ユウイチ

    松山メジャー優勝の鍵はパット貢献率。データから見る松山の課題。

    松山優勝できませんでした。全米プロ選手権、惜しかった。4日間通算7…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


新規CTA

ジェネシス「マーケの強化書」Twitter

マーケの強化書編集長 twitter

杉田ユウイチ@マーケの強化書 twitter

「マーケの強化書」更新情報お届け

マーケの強化書の更新情報をお届けします。
幅広い視点で情報をお届けします。
メールアドレスをご登録ください。
※ご入力前に「個人情報保護方針」をご確認ください。

採用情報

  1. コンサルタントのコラム

    なぜカスタマージャーニーを描いても、うまく機能しないのか?
  2. 担当者インタビュー

    寺田倉庫 minikura に学べ!<前編>新規サービスの立ち上げ成功術
  3. 田代靖和

    マーケティングの企画をするうえで気をつけていること
  4. お知らせ

    「アクティベーションCX for KARTE」のサービス提供開始
  5. 田代靖和

    読んでもらいたいコンテンツを読んでもらうために
PAGE TOP