1分で用語解説

1分で用語解説:サードパーティークッキー

Cookieにはファーストパーティとサードパーティーの2種類があり、Cookieの発行したドメインにより分類されます。

サードパーティーCookieが複数のドメイン間で共有されることにより
・個人情報に基づく広告表示
・閲覧履歴に基づく広告表示
・アフィリエイトサイトや成果型広告においての行動測定
などのネット上の広告技術などに活用されています。

別サイト(別ドメイン)から配信される場合は、サードパーティCookieとなるわけですが、例外もあります。例えば、Googleアナリティクスは、ファーストパーティ領域としてgoogleアナリティクスのCookie情報を書き込んで利用しているため、ファーストパーティとして扱われます。


こちらの記事もオススメします

▼CCPA(カリフォルニア州消費者プライバシー法)を理解する56の記事(2020年1月)

▼世界からCookieが消えたなら

行動デザイン#1

マーケの強化書編集長 twitter

「マーケの強化書」更新情報お届け

マーケの強化書の更新情報をお届けします。
幅広い視点で情報をお届けします。
メールアドレスをご登録ください。
※ご入力前に「個人情報保護方針」をご確認ください。

採用情報

アーカイブ

PAGE TOP